コラム|八幡駅で歯科をお探しの方は【ばん歯科】まで

093-287-4604

093-287-4604

休診日:水曜、第一・第三・第五土曜、祝日

WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30
(最終受付 12:00)
14:00~18:00
(最終受付 17:30)

★第二・四土曜日は診療いたします。

コラムColumn

乳歯がむし歯になりやすい理由

皆さんこんにちは。

ばん歯科です。

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、どうして子どもの歯はこんなにもかんたんに虫歯になるのだろう、と不思議に感じることかと思います。

歯磨きの仕方が悪いのか、あるいは食習慣に問題があるのかと不安に感じることでしょう。

けれども、乳歯というのはそもそも大人の歯よりもむし歯にかかりやすい性質があります。

今回はそんな乳歯がむし歯になりやすい原因や対処法をわかりやすく解説します。

 

エナメル質が未成熟

私たちの歯の表面は、エナメル質という特別な組織に覆われています。

それは乳歯においても同じです。

ただ、乳歯の場合、エナメル質が永久歯よりも未成熟であることから、外からの刺激を受けやすくなっているのです。

つまり、むし歯菌に感染しやすかったり、酸によって溶けやすかったりするのです。

乳歯がむし歯になりやすいのはそのためです。

 

むし歯の進行も早いので要注意

乳歯は、むし歯になりやすいだけではなく、むし歯の進行も早いので十分注意しましょう。

これは乳歯のエナメル質や象牙質が象牙質の半分の厚みしかないからです。

厚みが半分ということは、それだけ早く「歯髄(しずい)」へとむし歯が広がることを意味します。

ですから、乳歯のむし歯というのは、「気付いた頃には重症化している」ことも珍しくありません。

 

早期発見・早期治療が何より大事

乳歯のむし歯を重症化させないためには、早期発見・早期治療が何より重要となります。

おそらく、お子さまご自身や親御さまが乳歯のむし歯を早い段階で発見するのは難しいので、定期的に当院までご来院ください。

3ヶ月に1回程度の頻度でお越しいただければ、乳歯のむし歯も早期に見つけることができますよ。

 

まとめ

このように、子どもの歯である乳歯は、むし歯になりやすく、進行も早いので予防あるいは早期発見・早期治療に努めるようにしましょう。

当院なら、そのお手伝いができることかと思います。