コラム|八幡駅で歯科をお探しの方は【ばん歯科】まで

093-287-4604

093-287-4604

休診日:水曜、第一・第三・第五土曜、祝日

WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30
(最終受付 12:00)
14:00~18:00
(最終受付 17:30)

★第二・四土曜日は診療いたします。

コラムColumn

乳歯のむし歯を放置するのは危険?

皆さんこんにちは。

ばん歯科です。

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、お口の健康で悩まれる機会も多いことかと思います。

とくにむし歯ができた場合は、どうすべきか迷われる親御さまも少なくありません。

乳歯は「そのうち抜けるから」と放置するケースもありますが、それはとても危険なことなのでご注意ください。

今回はそんな乳歯のむし歯を放置することのリスクについてわかりやすく解説します。

 

隣の歯にむし歯がうつる

確かに、乳歯はそのうち抜け落ちる歯ですが、むし歯が自然消失することはありません。

放置をすれば病態も進行し、隣の歯に感染が広がることも多々あります。

実際、子どものむし歯は「隣接面う蝕(りんせつめんうしょく)」というものが多く、複数の歯にわたってむし歯が発生しています。

場合によっては、乳歯列全体に大きな悪影響が及ぶこともあるため注意が必要です。

 

永久歯の発育不全が起こる

乳歯のむし歯が重症化すると、すぐ下に控えている永久歯に悪影響が及ぶことがあります。

具体的には、乳歯の根っこの先から細菌などが漏れていき、永久歯の発育不全などをもたらすのです。

永久歯がそれを避けるように移動して、おかしな位置から生えてくることもあります。

最悪のケースでは、永久歯が生えてこなくなることもあるのです。

 

早期に脱落することの危険性

乳歯のむし歯を放置して、早い段階で抜け落ちると、永久歯列の歯並びを悪くすることがあります。

これは、乳歯の早期脱落によって生じたスペースが周囲の乳歯になどによって塞がれるためです。

その結果、永久歯が生えてくるスペースが不足して、歯列不正を招いてしまうのです。

 

まとめ

このように、乳歯のむし歯を放置することは、デメリットしかありませんので、可能な限り早期に対処するようにしましょう。

むし歯治療を開始する時期が早ければ早いほど、その他の乳歯や後続の永久歯への悪影響も最小限に抑えることができますよ。