コラム|八幡駅で歯科をお探しの方は【ばん歯科・矯正歯科】まで

093-287-4604

093-287-4604

休診日:水曜、第一・第三・第五土曜、祝日

WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30
(最終受付 12:00)
14:00~18:00
(最終受付 17:30)

★第二・四土曜日は診療いたします。

コラムColumn

歯周病が疑われる症状について

皆さんこんにちは。

ばん歯科です。

歯周病は自覚しにくい病気ではありますが、実はいろいろと特徴的な症状が現れることが多いです。

そうした歯周病特有の症状を知っておけば、早い段階で気付くことができますよね。

そこで今回は、歯周病が疑われる症状をわかりやすく解説します。

 

歯茎の異常

歯茎が赤く腫れたり、歯磨きしたあとに出血したりするのであれば、歯周病が疑われます。

歯周病ではまず歯茎に細菌感染が起こるので、歯茎の腫脹や出血などが目立つようになります。

病態が進行すると、歯茎が吸収されて下がったように見えます。

歯茎の血行が悪くなって黒ずんでくるのも歯周病の症状のひとつといえます。

 

歯の異常

歯周病では、歯茎だけに異常が現れるわけではありません。

食べ物を噛んだ時に痛みや違和感が生じたり、歯がグラグラと揺れ動いたりするのも歯周病の症状のひとつです。

これは歯を支えている歯周組織が破壊されることで起こるものです。

そのため、歯の症状まで加わったら、いよいよ歯周病も末期に近づいているといえます。

そうなる前に、歯周病治療を受けることをおすすめします。

 

お口の臭いの異常

歯周病が疑われる症状で、もうひとつ忘れてはいけないのが「口臭」です。

歯周病にかかると「腐った玉ねぎ」のような口臭が発生しやすくなります。

これは歯周病菌が産生するガスに由来するもので、かなり強めの口臭に悩まされることとなります。

口臭というのはとてもデリケートな症状だけに、なかなか人には相談しにくいことかとは思いますが、歯医者さんなら安心して診断と治療を任せることができますよ。

歯周病由来の口臭なら、歯周病を治療することで改善することが可能です。

 

まとめ

このように、歯周病にはその他のお口の病気にはない、独特な症状が認められます。

上述したような症状がひとつでも認められる場合は、早期に当院までお越しください。

きちんとした検査を行ったのち、適切な治療法をご提案します。