コラム|八幡駅で歯科をお探しの方は【ばん歯科・矯正歯科】まで

093-287-4604

093-287-4604

休診日:水曜、第一・第三・第五土曜、祝日

WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30
(最終受付 12:00)
14:00~18:00
(最終受付 17:30)

★第二・四土曜日は診療いたします。

コラムColumn

痛くなる前に予防することの重要性

皆さんこんにちは。

ばん歯科です。

歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっていると言われている病気です。

むし歯は年々発症率が下がってはいるものの、やはりかなりの数の人がその症状に悩まされているのが現実です。

いずれも歯を失う主な原因なだけに、できる限り予防することが重要といえます。

今回はそんなお口の病気を予防することの重要性についてわかりやすく解説します。

 

「痛くなってから治療する」は間違い?

お医者さんというのは、痛くなってから通うのが普通ですよね。

風邪を予防するために内科に通う人はまずいないことかと思います。

お口の病気もそれと同じように考えてしまっていたのが私たち日本人です。

歯医者さんも歯が痛くなってから通うものと考えている方もまだまだたくさんいらっしゃいます。

けれどもそれは、必ずしも正しいとはいえません。

なぜなら、むし歯や歯周病にかかってしまうと、歯や歯周組織を失うことになるからです。

 

歯は再生されない組織

私たちの歯は、損傷を受けても再生することができません。

それはむし歯菌によって溶かされても、むし歯治療によって削っても同じです。

歯質を失えば失うほど歯の寿命も縮まり、最終的には歯そのものを失うこととなります。

歯周病に関しても、病気によって破壊された歯周組織は、治療しても元通りにはならないものとお考えください。

それだけに、予防に勝る治療はないといえるのです。

 

定期検診にお越しください

3~6ヶ月に1回程度の定期検診を受けていただければ、むし歯や歯周病を効率良く予防することができます。

正しいブラッシングの方法もご提案しますので、毎日のセルフケアにお役立てください。

 

まとめ

このように、お口の病気において予防に勝る治療はありません。

かけがえのない歯や歯周組織を守るためにも、積極的に予防処置を受けていきましょう。

当院まで定期的にご来院いただければ、患者さまのお口の健康を全力でお守りいたします。