コラム|八幡駅で歯科をお探しの方は【ばん歯科・矯正歯科】まで

093-287-4604

093-287-4604

休診日:水曜、第一・第三・第五土曜、祝日

WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30
(最終受付 12:00)
14:00~18:00
(最終受付 17:30)

★第二・四土曜日は診療いたします。

コラムColumn

歯周病の原因とは

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 むし歯の原因は、むし歯菌への感染です。 甘いものをたくさん食べ、お口の中が不潔になると、むし歯菌が産生する酸によって歯が溶かされていきます。 一方、歯周病の原因は?と問われたら、皆さんはすぐに答えることができますか?   むし歯と同じ細菌感染症 歯周病は、むし歯と同じ細菌感染症です。 P.g菌に代表される歯周病菌が歯茎に感染すること… 続きを読む

子どものむし歯を予防する方法

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 子どものむし歯をしっかり予防するためには、ご家庭でのケアと歯科医院でのケアが必要となります。 今回はそんなむし歯予防のためのセルフケアとプロケアについて、わかりやすく解説します。   セルフケアのポイント お子さまの歯ブラシは、ヘッドの小さいものを選ぶようにしましょう。 お子さまの歯列でも、すみずみまできれいに磨けるようになります。… 続きを読む

小児矯正を受けるメリットについて

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 矯正治療は、大人になってからでも受けられるのであれば、わざわざ小児期に受けなくても良いのでは?と思われる親御さまもいらっしゃることでしょう。 けれども、小児矯正でしか得られないメリットも多々ありますので、安易に治療を先延ばしにするのはおすすめできません。 そこで今回は、小児矯正を受けることで得られるメリットをわかりやすく解説します。 &nbs… 続きを読む

小児矯正の特徴と成人矯正との違い

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 矯正治療は、大きく「小児矯正」と「成人矯正」の2つに分けることができます。 大人が受ける成人矯正とどのような違いがあるのか気になりますよね。 そこで今回は、小児矯正と成人矯正の違いについてわかりやすく解説します。   発育期に受けるのが「小児矯正」 小児矯正は、歯や顎が発育途上にある時期でなければ、受けることができません。 なぜなら… 続きを読む

痛くなる前に予防することの重要性

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっていると言われている病気です。 むし歯は年々発症率が下がってはいるものの、やはりかなりの数の人がその症状に悩まされているのが現実です。 いずれも歯を失う主な原因なだけに、できる限り予防することが重要といえます。 今回はそんなお口の病気を予防することの重要性についてわかりやすく解説します。   「… 続きを読む

歯医者で受ける予防処置について

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 むし歯や歯周病予防の基本は、ご自宅での歯磨きです。 それがきちんと行えていなければ、お口の中の衛生状態も悪化します。 ただ、セルフケアのみで口腔疾患を予防できるというわけでもなく、歯医者さんで受けるプロフェッショナルケアも必須といえます。 そこで今回は、歯科医院で受けることができる予防処置についてわかりやすく解説します。   フッ素… 続きを読む

むし歯・歯周病をクリーニングで予防

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 歯の表面の汚れを除去するクリーニングは、見た目を良くすることが主な目的と思われがちです。 けれども、実際はむし歯や歯周病といったお口の病気を予防する上で大きな効果を発揮してくれます。 今回はそんなクリーニングによるむし歯・歯周病予防の効果についてわかりやすく解説します。   クリーニングだからこそ落とせる汚れ 歯のクリーニングでは、… 続きを読む

歯周病と全身疾患との関わり

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 お口の健康への関心が高い方なら、歯周病が全身疾患を引き起こす原因になることをご存知でしょう。 歯周病が心疾患や脳卒中、糖尿病といった重篤な病気のリスクとなることが科学的にも証明されています。 ただ、どのような理由で歯周病が全身の病気を引き起こすのかはなかなか理解しにくいとこかと思います。 そこで今回は、糖尿病が心疾患や糖尿病などを引き起こす理… 続きを読む

歯周病で歯を失うのはなぜ?

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 歯周病は、日本人の国民病といわれるくらい、たくさんの人がかかっている病気です。 ただ、治療を受けている人は一部に限られているだけではなく、そもそも歯周病にかかっていることに気付いていない人も少なくありません。 そこで今回は、歯周病の怖さについて少し詳しく解説します。   歯茎が腫れるだけじゃない? 歯周病の症状というと、「歯茎が腫れ… 続きを読む

歯周病が疑われる症状について

皆さんこんにちは。 ばん歯科です。 歯周病は自覚しにくい病気ではありますが、実はいろいろと特徴的な症状が現れることが多いです。 そうした歯周病特有の症状を知っておけば、早い段階で気付くことができますよね。 そこで今回は、歯周病が疑われる症状をわかりやすく解説します。   歯茎の異常 歯茎が赤く腫れたり、歯磨きしたあとに出血したりするのであれば、歯周病が疑われます。 歯… 続きを読む
1 2